メロンの美味しい食べ方

高級フルーツの代表でもあるメロンは、夏が旬となっています。
茨城県と北海道で多く栽培されています。
果肉の色が品種によって違うことも特徴のひとつであり、その色は赤肉と青肉さらに白肉があるのです。
また果皮がネット状になっているものと、ネットがないノーネット系があります。
一般的にネットが均等な大きさになっているものが高価で、贈答品として人気があります。
百貨店などで販売されているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。
美味しいメロンの選び方はまずネットがある場合は、そのネットの網目が細かいものを選びましょう。
重さも重要で軽いものよりか重くてずっしりとしているものの方がおいしいです。
果皮が全体的に均等に色づいているかの確認もしてください。
メロンは食べるまで常温で保管するとより甘みが増します。
そして食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やして食べると、より美味しく食べることが出来るのです。
残ったものは早めに食べることも大切です。

カットメロンでできるアイスクリームレシピ

アイスクリームは暑い時期にとてもおいしいデザートですが、家庭でも簡単に作ることができ、中に果物を入れると色々なアイスクリームを作ることができます。果物は旬のものを使えばよく、最近はスーパーなどでカットされたものが手に入ります。カットされた果物の中でもメロンはよく熟れており、とてもおいしくできます。レシピ(6人分)は、ボウルの中に砂糖120グラム、コーンスターチ大匙1を混ぜながら入れ、その中に卵の黄身4個分を加えます。さらに牛乳大匙2を加えよく合わせておきます。一方で温めておいた牛乳8カップをさっとこの中に加え、混ぜ合わせてから裏ごしでこし、これを鍋にあけて木杓子で鍋底を絶えずかき混ぜながら火を通します。これは卵の臭みを抜くためで、煮立たせないように注意します。煮足りないと出来上がった時にアイスクリームの舌触りが悪いので、少しとろりとしてきた程度で火から下ろします。この鍋のまま置いておくと鍋の余熱で卵が煮えることがあるのでタッパーなどの別の容器にあけるようにし、バニラエッセンスを少々加えます。完全に冷めたら冷凍庫で1時間程度凍らせます。その間にメロン100グラムをフォークで潰し、砂糖大匙2をまぶしておきます。果物類を入れる時は砂糖を少し加えないと果物が硬くなります。また酸味が強すぎてもよく固まりません。1時間経ったら冷凍庫から出し、フォークで全体をかき混ぜ、半分位に固まりかけてきた時に潰しておいたメロンを加え、もう一度よくかき混ぜてから冷凍庫で1時間ほど寝かせます。1時間経ったら先程の作業を繰り返し、さらにこの作業を2回繰り返し出来上がりです。

check

胡蝶蘭の販売店
http://www.g-forever.co.jp/
太陽光発電の投資戦略
http://eco-taiyou.co.jp/
オリジナルウエディングブーケ
http://www.grace-fs.com/
自分だけのおしゃれなカーテン
http://www.rakuten.co.jp/auc-princess-curtain/
カメラ 買取
http://www.cameraya.biz/

最終更新日:2015/1/30